新しい住宅を作ろう!解体工事なら業者に依頼すべき

作業者

近隣への配慮を忘れない

重機

現地調査の重要性

名古屋の特徴として、地元愛が強いことや倹約であるということがあげられます。土地の売買や新築工事のために、既存の家屋を解体する場合にも、少しでも安く依頼できる業者をと探す人も少なくありません。ただし、地域のつながりが濃い名古屋地区では、騒音や粉塵などが出る解体工事の場合は、近隣にも配慮できるような業者を選ぶ必要があります。そこで、解体業者を選ぶ際には、地元に密着し、名古屋でも古くから評判の業者を選ぶことがおすすめです。そのためにも、解体工事の見積もりを数社で取ることがいいでしょう。この際には、実際に現地を訪れ、資材や重機の搬入方法、近隣の状況の把握など、安心して解体工事を行えるように、きちんと調査をしていく業者の方が信頼できると言えます。解体の料金は、道幅などによって重機などが制限されると値上がりすることもあります。また、ブロック塀などがある場合にも撤去費用が余分にかかります。そして健康被害が報告されているアスベストの有無によっても、解体費用や方法が大きく変わります。そういった調査を詳しく行ってくれる業者に依頼することは、のちに近隣トラブルを避けることにもつながるのです。解体工事の費用は、時期によっても差が出ます。年度末は新築物件の受け渡しが最も多く、その時期に間に合う時期は、解体費用の値引き交渉がしづらいのが一般的です。逆に、時期を気にしないのであれば、年度初めなど比較的業者に余裕がある時に依頼する方が、交渉しやすくなります。少しでも安く済ませたいという名古屋気質の方には、時期を急がない依頼の方がいいとも言えるでしょう。