新しい住宅を作ろう!解体工事なら業者に依頼すべき

作業者

事前の調査が重要

おもちゃ

近隣に対する配慮

日本の高度成長時代に建築された住宅に寿命が来ており、東京での住宅の建て替えに伴う解体工事の増加が顕著になっております。東京で解体工事を行う場合には密集地域が多いことから事前の調査が重要になっています。特に設備に関連する配線や配管の状況を把握する必要があります。解体工事は専門業者に依頼することが一般的になっています。解体工事は新築と異なり、廃棄物の処理等が伴うため、処分場を確保している解体工事業者が少なくありません。東京では近隣に対する対応も解体工事の重要な要素となっています。工事に着手する前の近隣挨拶はほかの地域に比べて東京での重要性が工事開始後に認識されることが少なくありません。工事にあたっては解体した際に発生する埃の飛散を防止するための養生シートと水まきが最も重要となっています。特に風の強い日は工事を延期するか、大量の水をまいて施工することが必要です。解体工事の際には新築工事よりも事故の発生する確率が高いので、安全対策も重要な要素となっています。機械の取扱いや高所からの墜落には特に注意が必要です。設備の配線や配管は事前に目印をつけて、場合によっては切り回しを行ったうえで解体工事を行うことが未然のトラブルを避けるためには必要です。解体時の切断による停電や水の噴出事故が後を絶っていません。毎日の作業後の水かけが埃の飛散防止に重要です。いずれにしても解体した後には、通常新築を行うので、そのためにも近隣への配慮が最優先となります。